Top > メンバー > 山本健三

山本健三(Yamamoto Kenso)

専門分野

地域研究史学政治学

ロシア政治思想史 アナーキズム 政治学 地域研究 史学

調査地

エストニアラトビアロシア


ロシア エストニア ラトヴィア

研究概要とこれから

研究のキーワード

アナーキズム
ナショナリズム
革命
ロシア人
バルト・ドイツ人
ポーランド人
陰謀論

所属

島根県立大学総合政策学部・北東アジア地域研究センター

連絡先

関わっている科研・プロジェクト(HP)

競争的国際関係を与件とした広域共生の政治思想に関する研究 (研究協力者)

主な業績

[論文]
1. 「M.A.バクーニンにおけるアジア問題―G.マッツィーニ批判と「黄禍」」『スラヴ研究』第60号、2013年、123-152頁〔査読有〕。
2. «Политическая теология Дж. Мадзини и Интернационал» М.А. Бакунина как текст критики «Цивилизации» // Источник и его роль в историческом познании: Сборник статей по материалам международной научной конференции 17-18 мая 2012 года. – Н. Новгород: НГПУ, 2012. С. 85-89.
3. Постановка остзейского вопроса Ю.Ф. Самариным в конце 1840-х гг.: ее предпосылки, намерения и неудача // Вестник Академии государственной службы при Президенте Республики Казахстан. (2013) 〔近刊〕.
4. Обострение остзейского вопроса: от постановки Ю.Ф. Самариным до «печатной войны» (1848-1870) 『슬라브학보』제 27권 3호, 2012년, 369-404쪽. 〔査読有〕
5. Понятия «социальная революция» и «враг» в политической философии М.А. Бакунина: к пониманию «союза» между анархистами и националистами // Духовные процессы и общественно-политическая мысль в России: прошлое и настоящее: Сборник материалов международной заочной конференции / под ред. Р.В. Кауркина; науч. ред. В.П. Сапон и Р.Ж. Шиженский. – Н. Новгород: НГПУ, 2012. С. 41-51.
6. М.Н. Катков в «печатной войне» по остзейскому вопросу в 60-х гг. ХIХ в. // Материалы Международной научной конференции «Политика в текстах – тексты в политике: наука истории идей и учений» (К 40-летию кафедры истории социально-политических учений факультета политологии МГУ имени М. В. Ломоносова), 28–29 октября 2011 года. Часть первая. Доклады. – М.: Российская политическая энциклопедия (РОССПЭН), 2011. С. 274-279.
7. Польский вопрос после 1863 г.: влияние «Польского катехизиса» на русский социум в первой половине 60-х гг. ХIХ в.『슬라브학보』제 25권 4호, 2010년, 321-341쪽〔査読有〕。
8. 「1860年代のロシア社会と『ポーランド教理問答』―ある陰謀論の史的考察」『北海道大学大学院文学研究科研究論集』第8号第1分冊、2009年、149-163頁。
9. 「1860年代後半のオストゼイ問題とロシア・ナショナリズム―対バルト・ドイツ人観の転換過程における陰謀論の意義に関する考察」『ロシア史研究』第83号、2008年、17-37頁〔査読有〕。
10. 「M.A.バクーニンの政治哲学」『ロシア思想史研究』第4号、2007年、203-240頁。
11. 「Ю.Ф.サマーリン『リガからの手紙』とオストゼイ問題―「ツァーリとの面談」を手がかりとして」『現代文芸研究のフロンティア(Ⅶ)』(「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集 №9)、2005年、99-115頁。
12. 「オストゼイ問題における『ロシアの辺境』の衝撃―1860年代後半のユーリー・サマーリン」『ロシア史研究』第76号、2005年、99-117頁〔査読有〕。
13. 「Ю.Ф.サマーリン『ロシアの辺境』について」『ロシア思想史研究』第1号、2004年、73-79頁。
14. 「ソ連史学におけるМ.А.バクーニンの受容」『ロシア史研究』第73号、2003年、55-67頁〔査読有〕。
15. 「М.А.バクーニンにおけるスラヴ問題―研究史と問題提起」『スラヴ研究』第50号、2003年、317-329頁〔査読有〕。
16. Основные принципы политической философии М.А.Бакунина («федерализм», «социализм» и «антитеологизм») // Schola-2001. М., 2001. С.84-90.
17. Отношение М.А.Бакунина к власти // Актуальные проблемы социологии, экономики и политологии на пороге XXI века: Материалы III международной конференции молодых ученых гуманитарных факультетов МГУ имени М.В.Ломоносова. М., 2001. C.51-54.
18. Антигерманский анархизм М.А.Бакунина // Schola-2000. М., 2000. С.113-117.

[著書]
Политическая философия Бакунина : (Концепт исслед.): [Авторизир. пер. с яп.] / К. Ямамото ; Под ред. Ширинянца А.А.; Междунар. ин-т социал. истории (Амстердам), Центр социал. истории ИВИ РАН. Каф. истории социал.-полит. учений филос. фак. МГУ им. М.В. Ломоносова. - М. : Воробьев, 2001. - 158 с.

[学位論文]
「1860年代後半のロシア帝国におけるオストゼイ問題の浮上と隠蔽―バルト・ドイツ人批判とロシア・ナショナリズムの相関関係に関する考察」北海道大学大学院文学研究科. 博士(学術). 2010年.

所属学会

ロシア史研究会 ロシア・東欧学会 日本ロシア思想史学会 한국슬라브학회 日本社会文学会

自分の研究とつながりを期待する研究分野・テーマ

日本 韓国 中国

その他