Top > メンバー > 棚橋 訓

棚橋 訓(TANAHASHI Satoshi)

写真

専門分野

地域研究ジェンダー文化人類学

社会人類学、歴史人類学、植民地史研究、ジェンダー/セクシュアリティ研究、オセアニア地域研究

調査地

日本ソロモン諸島ツバルニュージーランドマーシャル諸島クック諸島


クック諸島(ラロトンガ島、プカプカ環礁)、マーシャル諸島(マジュロ環礁)、ツバル(フナフチ環礁)、ソロモン諸島(マライタ島、ただし1980年代)、ニュージーランド(オークランド市および近郊のクック諸島マオリ系コミュニティ)、日本(沖縄県石垣市、北海道伊達市)

研究概要とこれから

1980年代初頭からオセアニア島嶼における植民地支配の影響と社会変動の研究(特に、政治宗教運動、土地制度、首長制、ジェンダー秩序、セクシュアリティ)を行う。2000年代に入って、旧南洋群島における日本統治に関する研究(軍政期、臨時南洋群島防備隊、植民地統治と環境改変、景観形成)とともに、オセアニアの環礁州島の環境変動に対する適応策の共同研究および八重山諸島のサンゴ礁-人間系の景観史研究を自然科学系研究者(自然地理学、惑星科学、リモートセンシング、海洋工学、ジオ考古学、形質人類学など)と始めている。

研究のキーワード

植民地支配、歴史、社会変動、ジェンダー、セクシュアリティ、景観、環境適応

所属

お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科・研究院基幹部門・人間科学系

連絡先

〒112-8610 東京都文京区大塚2―1―1 お茶の水女子大学・文教育学部・教育科学講座
e-mail: tanahashi.satoshi[at]ocha.ac.jp

関わっている科研・プロジェクト(HP)

文部科学省科学研究費補助金(新学術領域研究)「サンゴ礁学-複合ストレス下の生態系と人の共生・共存未来戦略」(http://www.coralreefscience.jp/

主な業績

J-GLOBAL(http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901005434728460)に詳細を公表しているので、ご参照ください。

所属学会

日本文化人類学会、日本オセアニア学会、日本サンゴ礁学会、日本民俗学会、三田史学会、日本大学社会学会、社会人類学会(東京都立大学/首都大学東京)

自分の研究とつながりを期待する研究分野・テーマ

「研究のキーワード」が、そのまま、期待する接点です。

その他