Top > メンバー > 岡本圭史

岡本圭史(Okamoto Keishi)

写真

専門分野

文化人類学

文化人類学、宗教社会学。

調査地

日本ケニア


ケニア海岸部(後背地) 日本

研究概要とこれから

研究対象は、ケニア海岸地方ドゥルマの人々の間のキリスト教と、日本の新宗教です。

研究のキーワード

ペンテコスタル・ムーブメント、妖術、ミジケンダ、新宗教。

所属

連絡先

上記リンク先の研究内容紹介のサイト参照。e-mailアドレスを画像ファイルとして表示しています。

関わっている科研・プロジェクト(HP)

科学研究費補助金・基盤研究(A)「ケニア海岸地方のスピリチュアリティおよび宗教性に関する人類学的国際学術研究」
研究代表者:慶田勝彦
研究課題番号:23242055

科学研究費補助金・基盤研究(B)「グローバル化するアフリカにおける<老いの力>の生成と変容―宗教儀礼領域からの接近」
研究代表者:田川玄
研究課題番号:24401041

(上記二つの科学研究費補助金には、研究協力者として関与)

主な業績

岡本圭史
2017a「改宗過程の捉え方――ケニア海岸地方ドゥルマにおけるキリスト教と妖術」『宗教と社会』23:1-14。
2017b『せめぎ合う霊力――ケニア海岸地方ドゥルマにおけるキリスト教徒達の語り』九州大学大学院人間環境学府博士論文。
2012「信仰を支えるもの――白光真宏会における信者達の実践と語り」『宗教研究』86(1):103-125。

業績一覧は下記リンク先にて閲覧可能です。
https://sites.google.com/site/kokamotoanthropology/publications-1

所属学会

自分の研究とつながりを期待する研究分野・テーマ

アフリカ・キリスト教(ペンテコステ派教会)研究、呪術・妖術研究、新宗教研究。

その他