Top > メンバー > 權恩熙

權恩熙(KWON EUNHEE)

写真

専門分野

言語学

社会言語学、日本語学、朝鮮語学

調査地

日本


朝鮮学校を中心とする在日コリアン・オールドカマーのコミュニティー

研究概要とこれから

研究のキーワード

言語接触、言語変容、言語継承、朝鮮学校、在日コリアン、在日朝鮮語、フォリナー・トーク

所属

名古屋大学大学院人文学研究科

連絡先

メール:beforebabel@hotmail.com
ホームページ:https://kwoneunhee.site123.me/

関わっている科研・プロジェクト(HP)

主な業績

《論文(査読有)》

○ 權恩熙(2019b)「非対面型接触場面におけるフォリナー・トークの使用様相に関する考察 ―相手外国人の日本語レベルによる相違に注目して―」『日語日文學研究』110、韓国日語日文學会、pp.41-61. (8月)

○ 權恩熙(2019a)「在日コリアンによる朝鮮語の聞き手敬語運用に関する基礎的研究―朝鮮学校コミュニティを中心に―」『朝鮮学報』252、朝鮮学会、pp.75-111. (7月)

○ 李吉容・權恩熙(2013)「日本語学習者における接続助詞の習得のあり様―社会言語的側面と談話的側面からのアプローチ―」『日本研究』20、高麗大学校グローバル日本研究院、pp.25-44. (8月)

○ 任栄哲・權恩熙(2012)「在日朝鮮語の「文語体の口語化」に関する考察―ドキュメンタリーの発話資料を中心に―」『日語日文學研究』81(1)、韓国日語日文學会、pp.211-234. (5月)

《研究ノート(査読有)》

○ 權恩熙・宇都木昭(2019)「在日コリアンによる朝鮮語の「名詞的表現」に関して―朝鮮学校コミュニティを中心に―」『韓国語教育研究』9、日本韓国語教育学会、pp.201-214. (10月)

《研究報告書》

○ 任栄哲・李吉容・李燦揆・郭銀心・金鍾完・李玟鮮・權恩熙(2011)『国外同胞言語実態調査基礎研究(国立国語院 共募課題 研究報告書、研究責任者:任栄哲)』国立国語院(韓国) ※分担執筆, 担当範囲:第2章国外同胞社会の民族誌的考察(ブラジル地域同胞の居住形成史、ブラジル地域の韓国語使用および教育実態、中央アジア地域同胞の居住形成史、中央アジア地域の韓国語使用および教育実態))


《研究発表(日本国内・国外、査読有)》

○ 權恩熙、在日コリアン・オールドカマーによる朝鮮語の呼称使用 ―朝鮮学校コミュニティを中心に―、第10回日本韓国語教育学会学術大会、日本・東京都(韓国文化院)、2019・11 (口頭発表)

○ 權恩熙・宇都木昭、朝鮮学校コミュニティにおける 話し言葉での非縮約形の 多用に関する考察、第70回朝鮮学会大会、日本・奈良県(天理大学)、2019・10 (口頭発表)

○ 權恩熙・宇都木昭、在日コリアンによる朝鮮語の「名詞的表現」に関して―朝鮮学校コミュニティを中心に―、第43回社会言語科学会研究大会、日本・茨城県(筑波大学)2019・3 (ポスター発表) 

○ 權恩熙、朝鮮学校コミュニティにおけるコード・スイッチングの特徴―韓日バイリンガルの諸集団との比較を通して―、第9回日本韓国語教育学会学術大会、石川県(金沢工業大学)、2018・11 (口頭発表)

○ 權恩熙、朝鮮学校コミュニティにおける朝鮮語の聞き手敬語運用に関して、日韓次世代学術フォーラム第15回国際学術大会、日本・静岡県(静岡県立大学)、2018・6 (口頭発表)

○ 權恩熙、非対面会話におけるフォリナー・トークとその評価の研究―上級レベルの外国人との日常会話を中心に―、2016年日本語教育国際研究大会、インドネシア・バリー、2016・9 (口頭発表)

○ 權恩熙・任栄哲、在日朝鮮語の談話標識に関する一考察―出力系心的操作標識を中心に―、2012年日本語教育国際研究大会、日本・愛知県(名古屋大学)、2012・8 (口頭発表)

○ 任栄哲・權恩熙、在日コリアンの言語に関する一考察―朝鮮学校周辺コミュニティを中心に―、2011年度冬季国際学術大会、韓国日語日文学会、2011・12 (口頭発表)

《受賞歴》

○ 2019年05月08日 第43回社会言語科学会 研究大会発表賞 受賞
「在日コリアンによる朝鮮語の「名詞的表現」に関して―朝鮮学校コミュニティを中心に―」

所属学会

社会言語科学会、韓国言語学会、日本言語学会、朝鮮学会、日本韓国語教育学会、国際韓国語教育学会、国際高麗学会、韓国日語日文学会 + 自由研究フォーラム(愛知県居住コリアン研究者による小規模研究会)

自分の研究とつながりを期待する研究分野・テーマ

その他

大きな関心テーマは「言語接触」「言語変容」「マイノリティ言語」の三つです。そういった関心の延長上線で、「朝鮮学校コミュニティおける在日コリアン・オールドカマー3世以降の朝鮮語使用」と「接触場面における母語話者の言語行動(フォリナー・トーク)」について研究しております。