Top > メンバー > 伊藤康貴

伊藤康貴(Itoh Kohki)

写真

専門分野

文化人類学社会学

社会問題論 人間関係論 福祉社会学 家族社会学 当事者論 社会調査論

調査地

日本中部地方近畿地方四国地方


日本(兵庫、福井、香川)

研究概要とこれから

「ひきこもり」の当事者における親密な人間関係にかんする経験社会学的研究

研究のキーワード

社会学
社会調査(聞き取り調査/文献・文書資料調査/統計調査)
社会史/生活史/個人史(自分史)
「ひきこもり(引きこもり)」
当事者
親密性
Reflexive Sociology(自己省察の社会学)

所属

関西学院大学大学院社会学研究科 博士課程後期課程
日本学術振興会 特別研究員(DC2)

連絡先

URL: http://www.kwansei.ac.jp/s_sociology/attached/0000059463.pdf

関わっている科研・プロジェクト(HP)

主な業績

研究業績
〈学位論文〉
1. (卒業論文)「ひきこもりの『自分史』――『ひきこもり』現象の社会学的考察」、2010年1月18日、提出先:関西学院大学社会学部、(2009年度関西学院大学社会学部優秀論文賞(安田賞)優秀論文賞受賞)
2. (修士学位論文)「『ひきこもり』の当事者における親密性について――カテゴリーを流用するという実践」、2012年1月16日、提出先:関西学院大学大学院社会学研究科

〈学術論文等〉
1. 「当事者として『ひきこもり』と『社会/個人』を問う視点――『実存的問題』と『社会的問題』のあいだで」、『KG/GP社会学批評』第4号、pp.5-14、2011年2月15日、査読付
2. 「『ひきこもり』の当事者たちのセクシュアルな語り――『ひきこもり』の自分史・補遺」、『KG/GP 社会学批評別冊共同研究成果論集』、pp.245-256、2011年3月9日
3. "Difficulties faced by hikikomori: From the life history in autobiographies and private papers" KG Sociological Review, vol.1, pp.137-141, (March 10, 2012)
4. 「『ひきこもり』の当事者として〈支援〉するということ ──『当事者というカテゴリー』を読み替える実践」『理論と動態』、pp.134-151.2014年11月20日、査読付

〈その他コラム等〉
1. 「兼業米農家の農作業」、『KG/GP 社会学批評 別冊共同研究成果論集』、p.135、2011年3月9日
2. 「生きるためのひきこもり支援――とある支援機関の記録」、『KG社会学批評』第3号、pp.59-60、2014年3月14日
3. 「会う・話す――『介助現場の社会学』をめぐる対話」、『KG社会学批評』第3号、pp.65-85、2014年3月14日

〈学会発表等〉
1. 「『ひきこもり』を自分史として書くということ――生活史研究としての『ひきこもり』」、『第83回日本社会学会大会』、於・名古屋大学、2010年11月6日
2. 「『ひきこもり』の当事者における親密な関係性をめぐる語り――自分史・手記、聞き取り、参与観察を通じて」、『第84回日本社会学会大会』、於・関西大学、2011年9月17日、査読付
3. 「『ひきこもり』の当事者における親密性について――カテゴリーを流用するという実践」、『日本文化人類学会2011年度第2回近畿地区研究懇談会・修士論文発表会』、於・京都私学会館、2012年3月17日
4. 「『ひきこもり』の当事者として〈支援〉するということ―─「専門家」言説への逡巡」、『第63回関西社会学会大会』、於・皇學館大学、2012年5月27日
5. 「問題経験の当事者として研究するということ─―『ひきこもり』の調査研究を事例に」、『第85回日本社会学会大会』、於・札幌学院大学、2012年11月3日、査読付
6. “Experiences of Difficulties Faced By Hikikomori People within Everyday-Life: From the Perspective of View of Intimacy”XVIII ISA World Congress of Sociology, PACIFICO Yokohama, (July 16, 2014)
7. 「『自分のことを研究すること』の意義――『ひきこもりの当事者研究』という実践」、『第30回日本解放社会学会大会』、於・関西学院大学、2014年9月6日

賞罰
2009年度関西学院大学社会学部優秀論文賞(安田賞)優秀論文賞受賞

所属学会

日本社会学会
関西社会学会
『ソシオロジ』(社会学研究会)

自分の研究とつながりを期待する研究分野・テーマ

社会学、文化人類学

その他