Top > メンバー > 石川博樹

石川博樹(ISHIKAWA Hiroki)

専門分野

史学

アフリカ史 History of Africa 歴史学

調査地


エチオピア エリトリア
  • *エチオピア北西部のゴンダール。17世紀前半から19世紀半ばまでソロモン朝エチオピア王国の都であった。
    *エチオピア北西部のゴンダール。17世紀前半から19世紀半ばまでソロモン朝エチオピア王国の都であった。

研究概要とこれから

これまでソロモン朝エチオピア王国というエチオピア高原にあったキリスト教王国の歴史を主に研究してきましたが、今後はサハラ以南アフリカの他地域の研究も行っています。

研究のキーワード

歴史
アフリカ
ポルトガル語
イエズス会
農業

所属

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

連絡先

URL: http://www.aa.tufs.ac.jp/~ishikawa/

関わっている科研・プロジェクト(HP)

「植民地期PALOPにおける主食用作物栽培とその社会的影響に関する研究」(日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究C 代表:石川博樹)

主な業績

石川博樹『ソロモン朝エチオピア王国の興亡:オロモ進出後の王国史の再検討』(山川出版社、2009年11月)ISBN 9784634674370
石川博樹、小松かおり、藤本武(編)『食と農のアフリカ史:現代の基層に迫る』(昭和堂,2016年3月31日)ISBN 9784812215388

所属学会

史学会
日本アフリカ学会
日本ナイル・エチオピア学会
日本オリエント学会
日本ポルトガル・ブラジル学会
キリシタン文化研究会

自分の研究とつながりを期待する研究分野・テーマ

その他