Top > メンバー > 二見恭子

二見恭子(Futami Kyoko)

専門分野

昆虫学 Entomology 病害動物学 Vector ecology 行動生態学 Behavioral ecology 進化生態学

調査地

ケニア


ケニア

研究概要とこれから

私が所属する熱帯医学研究所では、2005年からケニア拠点を設立し、西ケニアのSuba地区をフィールドとした研究を行っています。Subaでは住民の登録システム(DSS)を展開し、健康情報が定期的に収集されています。我々のチームは、同地域においてマラリア媒介蚊であるハマダラカの生態を調査し、DSSから得られたヒトの感染情報とリンクさせることで、マラリア流行に関わる要因の解明を一つの目的としています。また将来的には、同地域での媒介蚊コントロールを目指しています。Subaのフィールドから得られたサンプルはナイロビで解析されますが、私はその際のラボマネージメントを行っています。同時に、ケニア全域におけるマラリア媒介蚊の分布調査、ネッタイシマカの分布調査が主要な研究テーマです。ひとまずサンプルを確保しましたので、これから分布に関わる要因(地理的要因および気候的要因など)の解明、その後、系統地理や集団解析になだれ込む予定です。

研究のキーワード

ハマダラカ(Anoheles gambiae, An. arabiensis, A. funestus)、ネッタイシマカ(Aedes aegypti)、分布、集団解析、系統地理

所属

長崎大学熱帯医学研究所病害動物学分野

連絡先

関わっている科研・プロジェクト(HP)

主な業績

所属学会

自分の研究とつながりを期待する研究分野・テーマ

その他