Top > メンバー > 吉田栄一

吉田栄一(Eiichi YOSHIDA)

専門分野

地域研究人文地理学

地域開発、都市研究、地場産業振興、中国・アフリカ関係、

調査地

ウガンダマラウイ南アフリカ


ウガンダ/カンパラ、マラウイ/ムランジェ県チョロ県、南ア/ヨハネスブルグ・シリルディン

研究概要とこれから

研究のキーワード

所属

横浜市立大学学術院 国際総合科学群
          グローバル都市協力研究センター

連絡先

横浜市立大学国際総合科学部
〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2 商文棟414

関わっている科研・プロジェクト(HP)

アジア経済研究所研究プロジェクト「ポスト移行期の南アフリカ社会」研究会

主な業績

近年の業績

1)地域振興(LED) 研究 2007年分より

論文「紅茶産業のフェアトレード参入と地域社会支援」佐藤寛編『フェアトレードを学ぶ人のために』世界思想社 (2011.6)

書評「資料紹介「辻村英之著(2009)『おいしいコーヒーの経済論』」『アフリカレポート』50号(2010.3)

短報「フェアトレードによる地域開発支援—マラウイとウガンダの事例」『ワールドトレンド』163号 2009年4月号(2009.4)

書評「資料紹介 飯田卓著(2008)『海を生きる技術と知識の民族誌-マダガスカル漁撈社会の生態人類学』」『アフリカレポート』48号(2009.3)

報告書論文「アフリカにおけるフェアトレードを通した地域支援—ウガンダ、ケニア、マラウイの地場産品と一村一品」(佐藤寛編『フェアトレードは貧困削減に結びつくのか』調査研究報告書 アジア経済研究所)(2009.3 )

編著書『地域の振興—制度構築の多様性とその課題』(西川芳昭/吉田栄一編)アジア経済研究所 研究双書No 578(2009.3)

論文「マラウイ一村一品運動における産品マーケティング-地域振興における生産者グループの組織的学習と支援機関の関与-」(西川・吉田編(2009))(2009.3)

書評「資料紹介 西川・吉田編(2009)『地域の振興』」『アフリカレポート』48号(2009.3)

短報「地域振興と地場産品開発の課題」『ワールドトレンド』158号 2008年11月号 pp12-13(2008.10)

国際会議報告論文“Capacity Building for Local Government’s Economic Development Planning- A case of one village one product in Malawi” 松岡俊二編『キャパシティディベロップメントと制度変化に関する国際セミナー報告書』(早大アジア太平洋研究センター pp174-181(2008.9)

論文「アフリカにおける地域開発の課題-マラウイにおける地域開発行政と一村一品運動を例に」pp175-193(2008.4)

報告書論文「サブサハラアフリカにおける中小企業振興政策に関する資料—地域振興におけるマーケティング支援調査にむけて」西川芳昭・吉田栄一編『地域振興の制度構築に関する予備的考察』調査研究報告書 アジア経済研究所pp 21-53(2007.3)

2)都市研究  (2000年分より)

報告書論文「南アフリカの大都市における中国人移民に関する予備的考察」牧野佐藤編『ポスト移行期の南アフリカ社会変容』アジア経済研究所(2011.3)

短報論文「中国のアフリカ経済進出にともなう都市地域開発」『ワールドトレンド』No.185 (2011.2)

論文「都市と国家—ウガンダ・カンパラの都市化と国家の対応」 (池谷・武内・佐藤編 『朝倉 世界地理講座 アフリカⅡ』)朝倉書店 pp629-639(2008.4)

短報論文「タンザニアとマラウイにおける首都移転の成果-地域間平等という見果てぬ夢」『ワールドトレンド』142号 pp32-35 (2007.7)

短報「特集にあたって-途上国の首都機能移転」『ワールドトレンド』142号 pp2-3

短報「アフリカ都市の集積と崩壊—エリートの都市から大衆の都市へ」『ワールドトレンド』変貌する都市 特集号(2002.1)

報告書論文「都市問題—南アフリカ」(国際協力事業団編『南部アフリカ援助研究会報告書 南ア本編』)pp 56-71 (2000.12)

報告書論文「都市問題—モザンビーク」(国際協力事業団編『南部アフリカ援助研究会報告書 モザンビーク本編』)pp56-62 (2000.12)

短報論文「南アフリカの路商と移民の参入-ジョハネスバーグの事例」『アフリカレポート』31号 pp24-28(2000.9)

報告書論文「千葉・幕張新都心の情報産業集積と都市計画」『21世紀の千葉—アジア太平洋ネットワークの形成』アジア経済研究所 (2000.3) 

3)中国・アフリカ関係研究 

報告書論文「南アフリカの大都市における中国人移民に関する予備的考察」牧野佐藤編『ポスト移行期の南アフリカ社会変容』アジア経済研究所(2011.3)

短報論文「中国のアフリカ経済進出にともなう都市地域開発」『ワールドトレンド』No.185 (2011.2)

論文「中国の対アフリカ経済進出について」『東亜』2010.11

報告書論文「アフリカにおける中国の経済的進出」(平和安全保障研究所編『アフリカおよびオセアニアにおける中国のプレゼンス』)(2010.3)

短報論文「第4回FOCAC中国アフリカ協力フォーラムと中国のアフリカ外交」『アフリカレポート』50号 pp 46-51(2010.3)

報告書論文‘Institutions behind Chinese Small Business Influx to Africa’, 2010, Fukunishi ed. “African Producers in the new trend of Globalisation: an interim report ” Institute of Developing Economies, pp111-122 (2010.3)

編著書『アフリカに吹く中国の嵐、アジアの旋風—途上国間競争にさらされる地域産業』情勢分析レポートNo.6 アジア経済研究所(2007.3)

論文「アフリカの地域産業をめぐる環境の変化」吉田編(2007)『アフリカに吹く…』 アジア経済研究所 (2007.3) 

論文「途上国地域との競争にさらされるアフリカ地域産業」吉田編(2007)『アフリカに吹く…』 アジア経済研究所 (2007.3)

短報論文「南アフリカ共和国の台湾断交と華人社会」『ワールドトレンド』39号 pp34-35(1998.10)

4)中小零細企業 

(2008.10)“Transformation of a Woodworking and Furniture Industrial District in Kampala, Uganda” Discussion Paper No171. Institute of Developing Economies

5)TICAD関係

(2008.9)「アフリカ開発会議の成果と課題—第4回横浜会議を終えて」『アフリカレポート』47号
(2008.9)「資料紹介 吉田栄一編『アフリカ開発援助の新課題』」『アフリカレポート』47号
(2008.4)『アフリカ開発援助の新課題—アフリカ開発会議TICADⅣと北海道洞爺湖サミット』情勢分析シリーズ10 アジア経済研究所
(2008.4)「序章 エグゼクティブサマリー」吉田編(2008) pp3-10

6)HIVエイズ関係  2005年~

(2009.9)「資料紹介 稲場他編(2008)『流儀』」『アフリカレポート』49号
(2007.11)「ウガンダ- HIVエイズとその政策的対応」萩原ほか編『世界の社会福祉年鑑 2007』旬報社pp433-447
(2005.3)「ウガンダ-エイズ対策「成功」国における政策と予防・啓発の果たした役割」 牧野・稲場編『エイズ政策の転換とアフリカ諸国の現状-包括的アプローチに向けて』トピックレポート No.52 pp 41-65
(2005.3)「ウガンダにおけるエイズ感染の地域差」『アフリカレポート』No.40 pp27-31

7) その他 ごく最近のもの

「ウガンダの産業と企業」(『ウガンダを知るための56章』明石書店 出版予定)(2011. ?)
 展望論文「サブサハラ・アフリカ」(経済地理学会編『経済地理学の成果と課題 第Ⅶ集』日本経済評論社 pp194-199)(2010.3)
「現代アートシーンを通してみる東アフリカ社会」『ワールドトレンド』2010年3月号 pp 40-43 (2010.2)

所属学会

日本アフリカ学会、国際開発学会、日本地理学会、経済地理学会、地理科学学会

自分の研究とつながりを期待する研究分野・テーマ

その他