2020年度の活動記録

2021年1月29日(金)
フィールドネット・ラウンジ「環境保全活動をどう携えるか―多様化するアクターとの協働に向けて―」

20210129_poster
日時 2021年1月29日(金)13:00~17:50(16:40から関係者のみのクローズドセッション)
開催 オンライン(Zoom)
共催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
一般社団法人WiLCoLa
NPO法人WILDLIFE PROMISING
※要事前登録※ 参加無料
参加登録をお願いいたします。
登録締め切り:1月27日(水)※締切延長しました。
参加登録いただいた方にZoom情報をお送りいたします。
報告書 報告書(PDF)

【プログラム】

13:00-13:20 オープニング:
趣旨説明
鈴木愛(東京都立大学都市環境科学研究科、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科、一般社団法人WiLCoLa 代表理事)
モハマド・アブドゥル・アジズ(ジャハンギナガル大学動物学部、バングラデシュ(通訳:鈴木愛))
Part1: 実践者がフィールドから考える「保全」
13:20-13:35 企業における環境保全の流れ(課題点)と将来
飯沼佐代子(一般財団法人地球・人間環境フォーラム)
13:35-13:50 国際NGOが考える環境保全
千葉暁子(ピースウィンズ・ジャパン)
13:50-14:05 環境教育関係者が教育・教材に求めるもの
大森享(元北海道教育大学教授)
14:05-14:20 質疑応答
14:20-14:30 休憩
Part2: 研究者がフィールドから考える「保全」
14:30-14:45 人類学フィールド(インド)から見た「保全」
松岡佐知(国立民族学博物館、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
14:45-15:00 保全生態学フィールド(ケニア)から見た「保全」
山根裕美(京都大学アフリカ地域研究資料センター、東京都立大学都市環境科学研究科、NPO法人WILDLIFE PROMISING)
15:00-15:15 生態学フィールド(インド)から見た「保全」
澤栗秀太(京都大学野生動物研究センター)
15:15-15:30 質疑応答
15:30-15:40 休憩
15:40-15:55 総括1: 山越言(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
15:55-16:10 総括2: 沼田真也(東京都立大学都市環境科学研究科)
16:10-16:25 全体討論
Part3: これからの生物多様性保全の動向、協働のありかた【関係者のみのクローズドセッション】
16:40-17:00 国際機関の視点から見た生物多様性保全の流れ(課題点)と将来
中田博(JICA)
17:00-17:45 総合討論 「保全」の協働に向けたアクターの分担と可能性
17:45-17:50 クロージング

【問い合わせ先】

山根裕美(企画責任者) E-MAIL: madoadoaproject[at]gmail.com *[at]を@に変更して送信ください。

【趣旨】

企業、国際機関、NGO・NPO関係者、環境活動に関わる助成機関、研究者といったアクターが考える「環境保全活動」について、どの様に携え、どの様な成果を想定し、どのようにして、そのゴールに向かって解決していこうと考えているかについて意見を出し合い討論する。さらにアジア・アフリカの現地における地域住民が考える「保全」について、ミャンマーとバングラデシュの現状を提示する場を設ける。それぞれの立場における思惑、それぞれの活動を知ることから始まり、「保全」活動について議論を深め、それぞれに欠けている情報を補い合い、ファンドレイジングを含む実施可能性の検討、協働関係の構築と役割分担、さらには新しい戦略の提言を目指すものである。

2020年7月15日(水)
特設コーナー「Covid-19とフィールド・ワーカー」開設のお知らせ

 

このたび、Fieldnetの特設サイトとして、新型コロナ禍に関わるフィールド・ワーカーの経験と知見を共有し蓄積するコーナー『Covid-19とフィールド・ワーカー』を開設いたしました。

この特設コーナーでは、新型コロナ感染症流行時に調査地での滞在を経験されたフィールド・ワーカーたちのエッセイを集め、掲載しています。感染拡大がフィールド・ワークという営みにどのように影響したのかについての知見を共有し、後世に残すことを主要な目的とします。寄せられたエッセイには、フィールド・ワーカー自身の調査先での日常生活や調査活動の変化、帰国の過程で起きた様々な出来事の報告にくわえ、感染症流行期やその前後における調査先の社会・文化・環境への新型コロナ感染症の影響、フィールド・ワーカーの専門研究分野における、感染症の影響についての考察やコメントなども含まれています。

こうしたエッセイにくわえ、フィールド・ワーカーが役立てることができるサイトを集めたリンク集も掲載しました。

これからも随時エッセイや関連情報を増やしてゆく予定です。是非ご覧ください。また周囲のご関心のありそうな方々に本サイトをご紹介いただければ幸いです。

研究会企画公募のお知らせ【応募締切:8月24日】

募集は終了しました。

フィールドネットをご活用いただく場としてもうけましたフィールドネット・ラウンジ企画を、下記の通り公募いたします。

今年度は、新型コロナ感染症の問題により、オンライン企画に限って、公募いたします。

次世代の研究者が、研究会企画の実施を通じて、研究者間ネットワークを広げる一助となるというフィールドネット・ラウンジの目的のためには、オンラインを積極的に活用することも有用と考えます。オンライン会議の特性を生かした企画をお待ちしています。

※一部未確定の部分がある企画でも、実施に向けてAA研所員から助言を受けられる場合があります。
※申請書は英語でも作成できます。

【応募資格】 博士課程後期の大学院生、各種研究員、助教など次世代の研究者で、Fieldnetのメンバー(登録者)の方は、どなたでも企画責任者となって応募することができます。
Fieldnetに登録がお済みでない方は、事前に登録を済ませてからご応募ください。 新規登録
【公募内容】 研究会企画 最大2件程度
人類学、言語学、地域研究、歴史学、生態学、医学、生物学、農学をはじめとする諸学問分野に関連する研究会企画を公募します。海外で行ったフィールドワークにより得られた知見や、フィールドワークの手法に関する企画を歓迎します。特に、若手研究者による学際的な企画を期待します。
【応募締切】 2020年8月24日(月)必着
【結果通知】 2020年9月中旬を予定

※ 詳細は2020年度 フィールドネット・ラウンジ企画公募要項(PDF)をご覧ください。

 

【参考】過去3年度に実施された企画

2019年度 「学際的なフィールドワークから「描画」を考える」
(企画責任者:田暁潔)2019年12月8日実施
「転機を迎えるチベット亡命社会――台頭する中国とインドの狭間で」
(企画責任者:片雪蘭)2020年1月26日実施
「宗教におけるモノと「聖」」(企画責任者:川本直美)2020年2月8日実施
2018年度 ワークショップ「西アフリカ・イスラーム研究の新展開」
(企画責任者:中尾世治)2019年1月26日実施
ワークショップ「共同研究のすすめ:プラジル地域研究におけるCross-region×Collaborationの実践を通じて」
(企画責任者:新川匠郎)2019年2月16日実施
2017年度 ワークショップ「草の根から地域住民が生み出す「食」と「農」の空間:どうやって見つけ、調べるか?」
(企画責任者:新保奈穂美)2018年1月20日実施

これまで実施された企画詳細については、フィールドネットラウンジ をご覧ください。