Top > Fieldnet blog > lounge

Fieldnet blog

2020年2月8日 フィールドネット・ラウンジ企画開催のお知らせ

2020.1.16| Fieldnet blog

2020年2月8日(土)
フィールドネット・ラウンジ「宗教におけるモノと「聖」」

→ 終了しました

宗教におけるモノと「聖」
日時 2020年2月8日(土)13:00~18:00
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階 マルチメディア会議室(304)
アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
※参加自由・事前登録不要
報告書 報告書(PDF)
ちらし おもて(PDF) うら(PDF)

【プログラム】

13:00-13:05 開会の辞
吉田 ゆか子(東京外国語大学)
13:05-13:15 趣旨説明
川本 直美(京都大学大学院)
第I部 発表
13:15-13:50 発表① 飯塚 真弓(早稲田大学)
建築空間に宿す聖性と霊性―南インドのヒンドゥー教寺院司祭の住まいを事例に
13:50-14:25 発表② 張詩雋(京都大学大学院)
神仏を描く―チベット・タンカにおける写実的な表現
14:25-15:00 発表③ ミア・ティッロネン(北海道大学大学院)
モノとパフォーマンスの宗教観光―京都市・晴明神社の事例
15:00-15:10 休憩
15:10-15:45 発表④ 中村 祐希(清泉女子大学大学院)
記憶を伝えるキリスト教用品―長崎県島原市のプロテスタント教会の事例から
15:45-16:20 発表⑤ 川本 直美
我が家に「神」がやってくる―メキシコ西部村落における幼子イエス像をめぐる慣習
16:20-16:25 休憩
第II部 コメント、全体討論
16:25-17:10 コメント
吉田 ゆか子、川田 牧人(成城大学)、田中 雅一(国際ファッション専門職大学)
17:10-17:55 全体討論
17:55-18:00 閉会の辞
川本 直美

【問い合わせ先】
川本 直美(企画責任者) E-MAIL:kawamoto.naomi.32s[at]st.kyoto-u.ac.jp  *[at]を@に変更して送信ください。

2020年1月26日 フィールドネット・ラウンジ企画開催のお知らせ

2019.12.09| Fieldnet blog

2020年1月26日(日)
フィールドネット・ラウンジ「転機を迎えるチベット亡命社会――台頭する中国とインドの狭間で」

→ 終了しました

転機を迎えるチベット亡命社会――台頭する中国とインドの狭間で
日時 2020年1月26日(日)13:30~18:15
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階 マルチメディア会議室(304)
アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
報告書 報告書(PDF)

【プログラム】

13:30~13:35 開会の挨拶
太田 信宏(東京外国語大学)
13:35~13:45 趣旨説明
片 雪蘭(国立民族学博物館)
Session 1
13:45~14:10 “The Exclusions of Diasporic Cosmopolitanism in Dharamsala” (日本語レジュメあり)
CHRISTOPHER, Stephen (京都大学)
14:10~14:35 「ラダック人とは誰か――チベット仏教と地域アイデンティティを巡る葛藤」
宮坂 清(名古屋学院大学)
14:35~15:00 「インドのチベット支援――チベットの自由およびインドの安全保障の観点から」
榎木 美樹(名古屋市立大学)
15:00~15:15 質疑応答
15:15~15:30 Tea Break
Session 2
15:30~15:55 「チベット難民のもう一つの道――ダラムサラにおける『サンジョル』のインフォーマル・エコノミー」
片 雪蘭(国立民族学博物館)
15:55~16:20 「インド市民権を求めて――アトム化するボーダナート在住チベット難民の生きる道」
山本 達也(静岡大学)
16:20~16:45 「仏法の来た“道”――中国主導のヒマラヤ開発と『仏教外交』」
別所 裕介(駒澤大学)
16:45~17:00 質疑応答
17:00~17:15 Tea Break
Discussion Session
17:15~17:25 コメント①
久保田 滋子(千葉商科大学)
17:25~17:35 コメント②
笠井 亮平(岐阜女子大学南アジア研究センター)
17:35~18:05 総合討論
18:05~18:15 閉会の挨拶

【問い合わせ先】
片 雪蘭(企画責任者) E-MAIL:seollan[at]gmail.com  *[at]を@に変更して送信ください。

2019年12月8日 フィールドネット・ラウンジ企画開催のお知らせ

2019.11.22| Fieldnet blog

2019年12月8日(日)
フィールドネット・ラウンジ「学際的なフィールドワークから「描画」を考える」

→ 終了しました

学際的なフィールドワークから「描画」を考える
日時 2019年12月8日(日)13:25~18:00
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階 マルチメディア会議室(304)
アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
共催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
科研費新学術領域研究No.17H06342とNo.18H04192「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―多文化をつなぐ顔と身体表現」
報告書 報告書(PDF)

【プログラム】

13:25-13:55 オープニング・セッション
13:25-13:30 オープニング:吉田 ゆか子(AA研)
13:30-13:55 「顔身体学における描画フィールド実験」
高橋康介(中京大学心理学部)
13:55-15:35 フィールド描画報告・セッション
13:55-14:20 「ケニア・マサイを対象にした描画フィールド実験」
田暁潔(筑波大学体育系)
14:20-14:45 「カメルーンにおける描画フィールド実験」
大石高典(東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター)
14:45-15:10 「タンザニアのおける描画フィールド実験」
島田将喜(帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科)
15:10-15:35 「東南アジアにおける描画フィールド実験」
錢琨(九州大学持続可能な社会のための決断科学センター)
15:35-15:50 きゅうけい
15:50-16:45 コメント・セッション
15:50-16:10 「コメンテーター研究紹介(1)」
齋藤亜矢(京都造形芸術大学文明哲学研究所)
16:10-16:30 「コメンテーター研究紹介(2)」
山本美希(筑波大学芸術系)
16:30-16:45 「アドバイザのコメント」
亀井伸孝(愛知県立大学外国語学部)
16:45-17:00 きゅうけい
17:00-18:00 総合討論

【問い合わせ先】
田暁潔(企画責任者) E-MAIL:xiaojie.tian2013[at]gmail.com  *[at]を@に変更して送信ください。

2019年2月16日 フィールドネット・ラウンジ企画開催のお知らせ

2018.12.26| Fieldnet blog

2019年2月16日(土)フィールドネット・ラウンジ
「共同研究のすすめ:ブラジル地域研究におけるCross-region×Collaborationの実践を通じて」

→ 終了しました

共同研究のすすめ:ブラジル地域研究におけるCross-region×Collaborationの実践を通じて
日時 2019年2月16日(土)13:00~17:20
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階 マルチメディア会議室(304)
アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
後援 神田外語大学イベロアメリカ言語学科
報告 報告書(PDF)

【プログラム】

【オープニング・セッション】 (13:00-13:55) 司会:奥田 若菜(神田外語大学准教授)
13:00-13:05 開会のあいさつ
太田 信宏(東京外国語大学准教授)
13:05-13:15 趣旨説明「異なる地域研究者たちの比較と協働」
新川 匠郎(上智大学外国語学部特別研究員)
13:15-13:55 基調講演「ブラジル地域研究からのクロス・リージョナルな協働研究の可能性」
浜口 伸明(神戸大学経済経営研究所教授)
【プレゼンテーション・セッション】 (14:00-15:30) 司会:奥田 若菜(神田外語大学准教授)
14:00-14:20 報告1
「理論・事例分担型の共著・協働研究のすすめ」
舛方 周一郎(神田外語大学専任講師)
14:20-14:40 報告2
「移民研究におけるクロス・リージョナルな協働:ブラジルと日本間のトランスナショナルな
移動」
メイレーレス・グスターボ(神田外語大学非常勤講師)
14:40-15:00 報告3
「文理横断型の共著・共同研究スタイル」
石丸 香苗(福井県立大学准教授)
15:00-15:30 各報告者へのコメント
矢澤 達宏(上智大学外国語学部教授)、岸川 毅(上智大学総合グローバル学部教授)
【ディスカッション・セッション】 (15:40-17:20) 司会:新川 匠郎(上智大学外国語学部特別研究員)
15:40-16:10 院生によるラウンドテーブル
相原 由奈(東京外国語大学・院)、今城 尚彦(東京外国語大学・院)、白石 香織(上智大学・院)、重田 実麗(上智大学・院)、原口華奈(神戸大学・院)
16:10-16:40 報告者3名のコメント返し
16:40-17:10 全体討論
17:10-17:20 閉会のあいさつ

【問い合わせ先】
新川 匠郎(企画責任者) E-MAIL:s-niikawa-1n7[at]sophia.ac.jp  *[at]を@に変更して送信ください。

2019年1月26日 フィールドネット・ラウンジ企画開催のお知らせ

2018.12.03| Fieldnet blog

2019年1月26日(土)フィールドネット・ラウンジ 「西アフリカ・イスラーム研究の新展開」

→ 終了しました

西アフリカ・イスラーム研究の新展開
日時 2019年1月26日(土)13:00~18:30
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階 マルチメディア会議室(304)
アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
科研費・若手研究「独立直前の西アフリカにおけるリテラシーの社会的位置づけ:ハンパテ・バの活動から」(18K12532)(研究代表者:中尾世治)
報告 報告書(PDF)

【プログラム】

13:00-13:05 開会の辞:吉田 ゆか子(AA研)
13:05-13:15 趣旨説明:「西アフリカ・イスラーム研究の新展開」
中尾世治(総合地球環境学研究所)
【セッション1:タリーカの思想と実践:言説の(再)生産・解釈・共有】
13:15-13:40 報告1:
「イブラーヒーム・ニヤースの溢出論」
末野孝典(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
13:40-14:05 報告2:
「イスラームにおける女性の朗唱実践とその解釈:セネガル・ニアセン教団を事例に」
星野佐和(京都大学大学院人間・環境学研究科)
14:05-14:30 報告3:
「ムリッド教団における「労働の教義」の解釈とその口承性」
池邉智基(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
14:30-14:45 質疑応答
14:45-15:00 休憩
【セッション2:イスラーム改革主義運動と教育:言説的伝統における制度・社会運動・経済活動】
15:00-15:25 報告4:
「イスラーム改革主義運動の新しさとは何か:1950年代のボボ・ジュラソにおけるメデルサ設立運動」
中尾世治(総合地球環境学研究所)
15:25-15:50 報告5:
「テンプレートの作成と拡散:カメルーンにおいてイスラーム教育を「近代化」するための一つの方法について」
平山草太(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
15:50-16:15 報告6:
「イスラーム学校維持に向けての挑戦:ブルキナファソのイスラーム教師の事例から」
清水貴夫(総合地球環境学研究所)
16:15-16:40 報告7:
「クルアーン学校を時代に合わせる:ジェンネのクルアーン学校教師たちの矜持ともがき」
伊東未来(関西学院大学先端社会研究所)
16:40-16:55 質疑応答
16:55-17:10 休憩
【全体コメント】
17:10-17:25 コメント1:苅谷康太(AA研)
17:25-17:40 コメント2:齋藤剛(神戸大学)
17:40-17:55 コメント3:坂井信三(南山大学)
17:55-18:25 総合討論
18:25-18:30 閉会の辞:中尾世治(総合地球環境学研究所)

【問い合わせ先】
中尾世治(企画責任者) E-MAIL:nakao.seiji[at]hotmail.co.jp  *[at]を@に変更して送信ください。

2018年1月20日 フィールドネット・ラウンジ企画|ワークショップ開催のお知らせ

2017.12.19| Fieldnet blog

2018年1月20日(土)フィールドネット・ラウンジ
「草の根から地域住民が生み出す「食」と「農」の空間 - どうやって見つけ、調べるか?」

→ 終了しました

草の根から地域住民が生み出す「食」と「農」の空間 - どうやって見つけ、調べるか?
日時 2018年1月20日(土)13:00~17:00
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階
マルチメディア会議室(304)
アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
報告 報告書(PDF)

【プログラム】

13:00-13:05 開会の辞:吉田 ゆか子(AA研)
13:05-13:10 挨拶,趣旨説明:新保 奈穂美(筑波大学生命環境系)
13:10-13:40 話題提供1「アジアで土地と食の関係性をひもとく」
土屋 一彬(東京大学大学院農学生命科学研究科)
13:40-14:10 話題提供2「計画と邂逅―隙間や境界域の探検から学んだ教訓」
ルプレヒトクリストフ(総合地球環境学研究所・FEASTプロジェクト)
14:10-14:30 コーヒーブレイク
14:30-15:00 話題提供3「被災地発信の<生きがいとしての農業>―『復興支援』から地域社会へ」
望月 美希(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
15:00-15:30 話題提供4「都市における新しい『食』空間のカタチ」
飯田 晶子(東京大学大学院工学系研究科)
15:30-15:50 コーヒーブレイク
15:50-16:50 大学院生・実務者ディスカッション
<ファシリテーター>太田 和彦(総合地球環境学研究所)
<参加者>
坂本 優紀(筑波大学大学院生命環境科学研究科)
別所 あかね(東京大学大学院サステナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム)
岡根 谷実里(クックパッド株式会社)
16:50-17:00 コメント・まとめ・閉会挨拶:新保 奈穂美

【問い合わせ先】
新保 奈穂美(企画責任者)
E-MAIL:shimpo.naomi.gn[at]u.tsukuba.ac.jp *[at]を@に変更して送信ください。

2017年1月21日 フィールドネット・ラウンジ企画|ワークショップ開催のお知らせ

2016.12.06| Fieldnet blog

2017年1月21日(土)フィールドネット・ラウンジ
「「毒」のバイオグラフィー
――学際的な知の交差を通じて現代世界のフィールドワーク手法を考える」

→ 終了しました

「毒」のバイオグラフィー――学際的な知の交差を通じて現代世界のフィールドワーク手法を考える
日時 2017年1月21日(土)13:00~18:00
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階
大会議室(303)
[アクセス http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
報告 報告書(PDF)

【プログラム】

13:00-13:05 開会の辞:児倉 徳和(AA研)
13:05-13:20 趣旨説明:下田 健太郎(日本学術振興会・お茶の水女子大学)
セッションⅠ:あわい(間)を生きる毒
13:20-13:50 長岡 慶(京都大学/文化人類学)
「ヒマーラヤ地域における毒/薬――インド北東部タワンの毒盛りとトリカブトをめぐる実践」
13:50-14:20 大石 高典(東京外国語大学/歴史生態学)
「カメルーン東南部熱帯雨林における魚毒漁――「毒が効かない」ということの解釈をめぐって」
13:50-14:20 吉田 真理子(オーストラリア国立大学/文化人類学
「牡蠣と人の関わりをめぐる〈毒〉の比較、知識実践」
14:50-15:05 休憩
セッションⅡ:「毒」の新たな相貌
15:05-15:35 関山 牧子(東京大学/人類生態学)
「インドネシア西ジャワ農村における化学物質導入と住民の認識」
15:35-16:05 下田 健太郎(日本学術振興会・お茶の水女子大学/歴史人類学)
「「毒」を消化/昇華する――水俣病と共に生きる人びとのライフヒストリーを通して」
16:05-16:35 上杉 健志(岡山大学/文化人類学)
「枯葉剤は毒ではない?――ブルックリンとアルーイでの毒概念のギャップと汚染」
16:35-16:50 休憩
セッションⅢ:「毒」をめぐる学際的な知の交差
16:50-17:05 コメント1 棚橋 訓(お茶の水女子大学/文化人類学)
17:05-17:20 コメント2 山口 徹(慶應義塾大学/歴史生態学・考古学)
17:20-17:55 総合討論
17:55-18:00 閉会の辞 下田 健太郎

【問い合わせ先】
下田 健太郎(企画責任者)
E-MAIL:basicchannel7[at]gmail.com *[at]を@に変更して送信ください。

2016年12月4日 フィールドネット・ラウンジ企画|ワークショップ開催のお知らせ

2016.11.01| Fieldnet blog

2016年12月4日(日)フィールドネット・ラウンジ
「老い――「問題」として、「経験」として」

→ 終了しました

「老い――「問題」として、「経験」として」
日時 2016年12月4日(日)13:00~17:50
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階
マルチメディア会議室(304)
[アクセス http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
報告 報告書(PDF)

【プログラム】

13:00-13:05 開会の辞:フィールドネット・ラウンジについて
太田信宏(AA研)
13:05-13:20 趣旨説明:老い――「問題」として、「経験」として
池田昭光(AA研)
セッション1:「老い」へのまなざし
13:20-13:50 「老人問題と老人「の」問題――沖縄都市部の人類学的調査研究からみえてくるもの」
菅沼文乃(南山大学人類学研究所)
13:50-14:20 「高齢者の扶養と国際送金――台湾=インドネシア間のグローバルな世帯保持」
横田祥子(滋賀県立大学人間文化学部)
14:20-14:30 休憩
セッション2:中東――「老い」の新たなフィールド?
14:30-15:00 「威厳と衰えをつなぐもの――2010年代エジプトで考える「老い」の相対性」
鳥山純子(日本学術振興会/桜美林大学)
15:00-15:30 「他者の死に接し、人生を顧みる――エジプト都市部での地方出身者による追悼式参列事例から」
岡戸真幸(人間文化研究機構総合人間文化研究推進センター/上智大学)
15:30-16:00 「図太さと希望――生命予後が限られた疾患をもつイラン人の若者の結婚選択」
細谷幸子(AA研)
16:00-16:30 休憩
セッション3:総合討論
16:30-16:45 コメント1 関根里奈子(一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程)
16:45-17:00 コメント2 小田亮(首都大学東京大学院人文科学研究科)
17:00-17:45 全体討論・質疑応答
17:45-17:50 閉会の辞 池田昭光

【問い合わせ先】
池田昭光(企画責任者)
E-MAIL:meni.fc2[at]gmail.com *[at]を@に変更して送信ください。

2016年1月10日ワークショップ開催のお知らせ(フィールドネット・ラウンジ企画)

2015.12.09| Fieldnet blog

2016年1月10日(日)フィールドネット・ラウンジ企画
「装い/社会/身体:フィールドワーカーによる通文化比較研究」

→  終了しました

poster_20160110
日時 2016年1月10日(日)12:50~19:10
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階マルチメディアセミナー室(306)
[アクセス http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)

【プログラム】

12:50 山越康裕(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)開会挨拶
宮脇千絵(南山大学人類学研究所)趣旨説明
13:00 セッション1
宮脇千絵(南山大学人類学研究所)
「求められる規範と見出される美しさ-中国雲南省モンの衣装を事例に」
野中葉(慶應義塾大学SFC研究所)
「信じること/装うこと/隠すこと-インドネシアのムスリムのヴェールとファッション」
討論者:西井凉子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
 14:20 休憩
14:40 セッション2
大石侑香(首都大学東京大学院人文科学研究科)
「毛皮になった動物たち-ハンティの動物観と毛皮の着用に関する考察」
彭宇潔(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
「『女性のファッション』-ピグミー系狩猟採集民バカのイレズミ実践」
討論者:山本芳美(都留文科大学)
16:00 休憩
16:20 セッション3
中村香子(京都大学アフリカ地域研究資料センター)
「牧畜民サンブルの肌とビーズの距離-引き剥がし、再び求める」
風戸真理(北星学園大学短期大学部)
「継承し、リフォームしながら装うアクセサリー-モンゴル国の銀製品」
討論者:中尾世治(南山大学大学院人間文化研究科)
 17:40 休憩
18:00 総合討論
討論者:田中雅一(京都大学)
討論者:関本照夫(東京大学)
19:00 風戸真理(北星学園大学短期大学部)閉会辞

2016年1月9日ワークショップ開催のお知らせ(フィールドネット・ラウンジ企画)

2015.12.07| Fieldnet blog

2016年1月9日(土)フィールドネット・ラウンジ企画
「ロシア・中国におけるムスリム・マイノリティと国家:20世紀政治変動期における多文化共生の実践とその課題」

→ 終了しました

poster_20150228
日時 2016年1月9日(土)13時00分~19時00分
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階マルチメディアセミナー室(306)
[アクセス http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
共催 ●イスラーム地域研究・若手研究者の会
●中国ムスリム研究会
●科学研究費補助金若手研究(B)「19世紀後半ロシア帝国統治下ムスリム社会の家族社会史的研究」(研究代表者:磯貝真澄、課題番号:24720327)


タイムテーブル

 

13:00-13:10

開会の辞・挨拶  太田 信宏(東京外国語大学AA研)
趣旨説明  長沼 秀幸(東京大学大学院)

セッションI  【ソ連・ロシアとその周縁】 

司会:海野 典子(東京大学大学院)

13:10-13:40 磯貝 真澄(京都外国語大学)

 「ソ連初期ヴォルガ・ウラル地域におけるウラマー、ムスリム・コムニスト、東洋学者」
13:40-14:10 桜間 瑛(日本学術振興会特別研究員)
「異民族同化の先兵か、啓蒙の聖人か?

 ―現在の非ロシア人から見るN.イリミンスキーの宣教活動への評価と民族意識」

14:10-14:40 松前 もゆる(盛岡大学)
「体制転換後のブルガリアにおけるマイノリティ政策とムスリムの生活戦略

―イスラーム、ナショナリズム、トランスナショナリズム」

14:40-15:10 野田 仁(早稲田大学)
「ムスリムか遊牧民か?―清末のカザフ遊牧民統治」

15:10-15:30 休憩

セッションⅡ 【中華民国・中華人民共和国とその周縁】

司会:矢久保 典良(慶應義塾大学大学院)

15:30-16:00 中西 竜也(京都大学)
「日中戦争期中国ムスリムとウンマ」
16:00-16:30 小野 亮介(慶應義塾大学大学院)
「匪賊、闖入者、エージェント候補としての新疆カザフ難民―中国、インド、アメリカの視点から」
16:30-17:00 澤井 充生(首都大学東京)
「「愛国愛教」を叫ぶムスリムたち―現代中国の宗教政策と清真寺の自律性」

17:00-17:20 休憩

 

セッションⅢ 【総合部会】

司会:長沼 秀幸

17:20-18:00 コメント
吉澤 誠一郎(東京大学)、鶴見 太郎(埼玉大学)
18:00-18:50 質疑応答、総合討論

18:50-19:00 総括コメント、閉会の辞: 長沼 秀幸