チャド

 
  • 1.外務省ホームページ 各国・地域情勢

  • 2.旅行情報(空港、ホテル、換金/TC、治安など)

    首都のンジャメナ空港へは、パリからエールフランス、エチオピアからエチオピア航空が飛んでいる。
    首都のンジャメナにおいてもホテルは少ない。高級ホテルはノボテル・ラ・チャディアン、ル・メディアン・シャリなど。中級ホテルは市内に数件あり。
    ユーロ、ドルからCFAフランへの換金は首都中心部(シャルル・ドゴール通り)の銀行で可能。TCの場合は換金証明が必要。
    夜間の外出は要注意。強盗事件は日常的。シャルル・ドゴール通り周辺は商店の昼休み時間帯(13:00以降)でも要注意。
    ンジャメナ市内の移動は、乗り合いタクシー、乗り合いミニバスを利用(市場が起点)。長距離移動はバスが走るンジャメナ-ムゥンドゥなどの区間を除けば、乗り合いの四輪駆動、トラック便乗が主となる。舗装道路が極端に少ないので地方への移動は4輪駆動車のレンタカーが必要。1日70,000-100,000CFAフラン(655フラン=1ユーロ)+燃料代、運転手代。
  • 3.医療情報

  • 4.通信環境

  • 5.ビザ、調査許可

    ヴィザは在大阪チャド名誉領事館で発給していたが、現在は治安状況悪化により発給停止中。在パリチャド大使館では取得可能。
    調査許可(Ordre de mission正確には出張命令書)は、CNAR(Centre National d'appuis aux rechercheで取得可能。その際所属機関からの在職証明が必要。調査目的等が明記されていればなおよい。ただし、ディレクター不在中は取得はできない。 チャドに受け入れ先がある場合(大学、国際機関、NGOなど)そこから出張命令書(Ordre de mission)が発行されれば調査は可能。地方への移動に際しては、検問が頻繁にあるので出張命令書は必要不可欠。
  • 6.カウンターパート、来日経験のある研究者

  • 7.大学図書館、アーカイブス、本屋

    国立古文書館、図書館(CEFOD:Centre d'Etudes et de Formation pour le Développement)、書店(Librairie de source:Rue de Bokassa)など
  • 8.機材・資料の持ち出し、持ち込み

  • 9.調査グッズの現地調達

  • 10.日本人研究者情報/これまでの調査、科研

  • 11.そのほか、各地域情報など

最新のコメント

コメントの投稿は、メンバー限定です(今すぐログイン)。