2018年度の活動記録

2019年2月16日(土)フィールドネット・ラウンジ
「共同研究のすすめ:ブラジル地域研究におけるCross-region×Collaborationの実践を通じて」

共同研究のすすめ:ブラジル地域研究におけるCross-region×Collaborationの実践を通じて
日時 2019年2月16日(土)13:00~17:20
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階 マルチメディア会議室(304)
アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
後援 神田外語大学イベロアメリカ言語学科
報告 報告書(PDF)

【プログラム】

【オープニング・セッション】 (13:00-13:55) 司会:奥田 若菜(神田外語大学准教授)
13:00-13:05 開会のあいさつ
太田 信宏(東京外国語大学准教授)
13:05-13:15 趣旨説明「異なる地域研究者たちの比較と協働」
新川 匠郎(上智大学外国語学部特別研究員)
13:15-13:55 基調講演「ブラジル地域研究からのクロス・リージョナルな協働研究の可能性」
浜口 伸明(神戸大学経済経営研究所教授)
【プレゼンテーション・セッション】 (14:00-15:30) 司会:奥田 若菜(神田外語大学准教授)
14:00-14:20 報告1
「理論・事例分担型の共著・協働研究のすすめ」
舛方 周一郎(神田外語大学専任講師)
14:20-14:40 報告2
「移民研究におけるクロス・リージョナルな協働:ブラジルと日本間のトランスナショナルな
移動」
メイレーレス・グスターボ(神田外語大学非常勤講師)
14:40-15:00 報告3
「文理横断型の共著・共同研究スタイル」
石丸 香苗(福井県立大学准教授)
15:00-15:30 各報告者へのコメント
矢澤 達宏(上智大学外国語学部教授)、岸川 毅(上智大学総合グローバル学部教授)
【ディスカッション・セッション】 (15:40-17:20) 司会:新川 匠郎(上智大学外国語学部特別研究員)
15:40-16:10 院生によるラウンドテーブル
相原 由奈(東京外国語大学・院)、今城 尚彦(東京外国語大学・院)、白石 香織(上智大学・院)、重田 実麗(上智大学・院)、原口華奈(神戸大学・院)
16:10-16:40 報告者3名のコメント返し
16:40-17:10 全体討論
17:10-17:20 閉会のあいさつ

【問い合わせ先】
新川 匠郎(企画責任者) E-MAIL:s-niikawa-1n7[at]sophia.ac.jp  *[at]を@に変更して送信ください。

2019年1月26日(土)フィールドネット・ラウンジ 「西アフリカ・イスラーム研究の新展開」

西アフリカ・イスラーム研究の新展開
日時 2019年1月26日(土)13:00~18:30
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階 マルチメディア会議室(304)
アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
科研費・若手研究「独立直前の西アフリカにおけるリテラシーの社会的位置づけ:ハンパテ・バの活動から」(18K12532)(研究代表者:中尾世治)
報告 報告書(PDF)

【プログラム】

13:00-13:05 開会の辞:吉田 ゆか子(AA研)
13:05-13:15 趣旨説明:「西アフリカ・イスラーム研究の新展開」
中尾世治(総合地球環境学研究所)
【セッション1:タリーカの思想と実践:言説の(再)生産・解釈・共有】
13:15-13:40 報告1:
「イブラーヒーム・ニヤースの溢出論」
末野孝典(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
13:40-14:05 報告2:
「イスラームにおける女性の朗唱実践とその解釈:セネガル・ニアセン教団を事例に」
星野佐和(京都大学大学院人間・環境学研究科)
14:05-14:30 報告3:
「ムリッド教団における「労働の教義」の解釈とその口承性」
池邉智基(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
14:30-14:45 質疑応答
14:45-15:00 休憩
【セッション2:イスラーム改革主義運動と教育:言説的伝統における制度・社会運動・経済活動】
15:00-15:25 報告4:
「イスラーム改革主義運動の新しさとは何か:1950年代のボボ・ジュラソにおけるメデルサ設立運動」
中尾世治(総合地球環境学研究所)
15:25-15:50 報告5:
「テンプレートの作成と拡散:カメルーンにおいてイスラーム教育を「近代化」するための一つの方法について」
平山草太(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
15:50-16:15 報告6:
「イスラーム学校維持に向けての挑戦:ブルキナファソのイスラーム教師の事例から」
清水貴夫(総合地球環境学研究所)
16:15-16:40 報告7:
「クルアーン学校を時代に合わせる:ジェンネのクルアーン学校教師たちの矜持ともがき」
伊東未来(関西学院大学先端社会研究所)
16:40-16:55 質疑応答
16:55-17:10 休憩
【全体コメント】
17:10-17:25 コメント1:苅谷康太(AA研)
17:25-17:40 コメント2:齋藤剛(神戸大学)
17:40-17:55 コメント3:坂井信三(南山大学)
17:55-18:25 総合討論
18:25-18:30 閉会の辞:中尾世治(総合地球環境学研究所)

【問い合わせ先】
中尾世治(企画責任者) E-MAIL:nakao.seiji[at]hotmail.co.jp  *[at]を@に変更して送信ください。

研究会企画公募(追加募集)のお知らせ【応募締切:9月28日】

募集は終了しました。

フィールドネットをご活用いただく場としてもうけましたフィールドネット・ラウンジ企画を、下記の通り公募(追加募集)いたします。
この公募は、次世代の研究者がシンポジウムやワークショップ等の研究会企画を積極的に実施し、研究者間ネットワークを広げるための一助となることを目的としています。
若手研究者による学際的な企画をお待ちしております。

【応募資格】 博士課程後期の大学院生、各種研究員、助教など次世代の研究者で、AA研のFieldnetのメンバー(登録者)の方は、どなたでも企画責任者となって応募することができます。
Fieldnetに登録がお済みでない方は、事前に登録を済ませてからご応募ください。 新規登録
【公募内容】 研究会企画 1件(30万円程度を上限とする)
人類学、言語学、地域研究、歴史学、生態学、医学、生物学、農学をはじめとする諸学問分野に関連する研究会企画実施のための旅費などを支援します。海外で行ったフィールドワークにより得られた知見や、フィールドワークの手法に関する企画を歓迎します。特に、学際的な企画を期待します。
【応募締切】 2018年9月28日(金)必着
【結果通知】 2018年10月中旬を予定

※ 詳細は 2018(平成30)年度 フィールドネット・ラウンジ企画公募要項【追加募集】(PDF)をご覧ください。

 

【参考】2017年度実施企画

ワークショップ「草の根から地域住民が生み出す「食」と「農」の空間:どうやって見つけ、調べるか?」(企画責任者:新保奈穂美)2018年1月20日実施

これまで実施された企画詳細については、フィールドネットラウンジ をご覧ください。

研究会企画公募のお知らせ【応募締切:6月29日】

募集は終了しました。

フィールドネットをご活用いただく場としてもうけましたフィールドネット・ラウンジ企画を、下記の通り公募いたします。
この公募は、次世代の研究者がシンポジウムやワークショップ等の研究会企画を積極的に実施し、研究者間ネットワークを広げるための一助となることを目的としています。
若手研究者による学際的な企画をお待ちしております。

【応募資格】 博士課程後期の大学院生、各種研究員、助教など次世代の研究者で、AA研のFieldnetのメンバー(登録者)の方は、どなたでも企画責任者となって応募することができます。
Fieldnetに登録がお済みでない方は、事前に登録を済ませてからご応募ください。 新規登録
【公募内容】 研究会企画 最大2件程度(1件あたり30万円程度を上限とする)
人類学、言語学、地域研究、歴史学、生態学、医学、生物学、農学をはじめとする諸学問分野に関連する研究会企画実施のための旅費などを支援します。海外で行ったフィールドワークにより得られた知見や、フィールドワークの手法に関する企画を歓迎します。特に、学際的な企画を期待します。
【応募締切】 2018年6月29日(金)必着
【結果通知】 2018年7月中旬を予定

※ 詳細は 2018(平成30)年度 フィールドネット・ラウンジ企画公募要項(PDF)をご覧ください。

 

【参考】2017年度実施企画

ワークショップ「草の根から地域住民が生み出す「食」と「農」の空間:どうやって見つけ、調べるか?」(企画責任者:新保奈穂美)2018年1月20日実施

これまで実施された企画詳細については、フィールドネットラウンジ をご覧ください。