2013年度の活動記録

2014年3月12日(水) 第2回 Fieldnet運営委員会

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(301: セミナー室)

2014年3月8日(土)フィールドネット・ラウンジ企画
シンポジウム「自助グループのエスノグラフィー:相対化を通じてみる『自助グループ』の輪郭」

FieldnetLoung_20140308
日時 2014年3月8日(土)14:00-18:30
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階大会議室(303)
[アクセス http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
言語 日本語
※参加自由、予約不要
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
報告 報告書(PDF)

【概要】

日本においては1980年代に萌芽した、病気の当事者によって運営される「自助グループ」は、病気に向き合う上での1つの形態としてすでに一般的なものとなった。しかし、自助グループについての疾患別の報告はあるものの、異なった疾患の自助グループを比較する試みはいまだ見られない。
現代日本における「自助グループ」はいかに同じで、いかに異なり、どのような可能性と問題を抱えているのであろうか?
本シンポジウムは、文化人類学を専門とする若手研究者6名が、「集合と生成」、「維持」、「回復」、「親」、「医療」、「企業」をキーワードに、異なる6つの病気の自助グループを相対化し、「自助グループ」という集合体の輪郭を描こうとする萌芽的かつ挑戦的な試みである。

【キーワード】

当事者、分断、維持、回復、医療者、企業、お金、病気、親
ひきこもり、エイズ、アトピー性皮膚炎、摂食障害、発達障害、糖尿病

【プログラム】

はじめに 「趣旨説明」
14:00~14:10 磯野真穂 自助グループの相対化という試み~意義と方法
第I部 「自助グループという存在~生成、維持、回復のかたち」
14:10~14:35 堀口佐知子(テンプル大学ジャパンキャンパス) 自助グループに集う人々:「ひきこもり」の場合を中心に
14:35~15:00 新ヶ江章友(名古屋市立大学) 分断を超えて:「エイズ」の場合を中心に
15:00~15:25 牛山美穂(早稲田大学) 回復のさまざまな形:「アトピー性皮膚炎」の場合を中心に
(休憩:10分)
第Ⅱ部 「当事者を取り巻く人々」
15:35~16:00 照山絢子(ミシガン大学/慶應義塾大学) 親子関係をめぐって:「発達障害」の場合を中心に
16:00~16:25 磯野真穂(早稲田大学) 自助グループと医療の関係:「摂食障害」の場合を中心に
16:25~16:50 濱雄亮(早稲田大学) 患者会と企業の協力関係:「糖尿病」の場合を中心に
(休憩:10分)
第Ⅲ部 「質疑応答」
17:00~17:20 福井栄二郎 (島根大学)
17:20~17:40 熊谷晋一郎 (東京大学
17:40~18:30 ディスカッション

問い合わせ先:新ヶ江章友 (shin_aki2007@yahoo.co.jp)

2014年3月1日(土)フィールドネット・ラウンジ企画
「アフリカにおける日常世界と武力紛争の記憶に関する学際的研究」

FieldnetLoung_20140301
日時 2014年3月1日(土)13:00-17:00
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(306)
[アクセス http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
言語 日本語
※参加自由、予約不要
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
報告 報告書(PDF)

【概要】

アフリカ各地の武力紛争は、誰によって、どのように記憶され、また語られるのだろうか。本ワークショップではルワンダ、シエラレオネ、ソマリア、ナイジェリアにおける紛争を取り上げ、国民国家、コミュニティ、地域住民、ディアスポラ、小説家といった紛争の「語り手」の複数性を考慮しつつ、各地の紛争に関する物語の再編の可能性と課題について議論する。報告は各地域で調査を行ってきた若手研究者を中心とするほか、ゲスト・スピーカーとして峯陽一氏(同志社大学教授)、落合雄彦氏(龍谷大学教授)を招聘する。参加者全員での活発な意見交換を通して、アフリカ各地の紛争をめぐる国民国家史の再考、記憶の多元性、当事者の語りの表象/代弁といった問題についての新たな知見の構築を目指す。

【プログラム】

司会 鶴田綾(エディンバラ大学アフリカ研究センター博士課程)
13:00 趣旨説明 片山夏紀
13:10 報告1・片山夏紀(東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻「人間の安全保障」プログラム博士課程)
「ルワンダ紛争1990-94:ジェノサイドの記憶をめぐる政治力学」
13:40 報告2・澤良世(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻「人間の安全保障」プログラム博士課程)
「シエラレオネ紛争1991-2002:赦すこと、忘れること」
14:10 報告3・須永修枝(東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程)
「ソマリア紛争1980年代-現在:『ソマリア紛争』とは何か?」
14:40 報告4・玉井隆(東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程)
「ナイジェリア、ビアフラ戦争1967-70:『ビアフラ戦争』をめぐる記憶の政治学」
15:10 休憩
15:25 ゲスト・スピーカー1・峯陽一教授(同志社大学グローバルスタディーズ研究科)による報告者へのコメント
15:45 ゲスト・スピーカー2・落合雄彦教授(龍谷大学法学部)による報告者へのコメント
16:05 報告者の応答
16:25 フロアからの質疑応答
16:50 閉会の辞 片山夏紀
17:00 終了

2014年2月22日(土)フィールドネット・ラウンジ企画
ワークショップ「調査地との新たな関係を探る:現代モンゴル研究を事例として」

FieldnetLoung_20140222
日時 2014年2月22日(土)13:00-18:10
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(306)
[アクセス http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
言語 日本語
※参加自由、予約不要
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
報告 報告書(PDF)

【概要】

国際的な人や物の動きが活発な現代において、研究者は、調査地の人びとと国内外を問わずあらゆる場面でつながりをもつようになっています。本ワークショップでは、東西冷戦体制が崩壊した1990年代以降のモンゴル研究を事例として、グローバル時代における研究者と調査地との新たな関係性について考えます。その上で、モンゴル地域研究情報を共有化していくための方策についても議論をおこないます。

 

【プログラム】

司会 風戸真理(北星学園大学短期大学部)・冨田敬大(立命館大学)
13:00 趣旨説明:冨田敬大
13:15 セッションⅠ:調査
柿沼薫(東京大学)
「放牧地の植物を調べる:遊牧民との共同研究」
田中華子(名古屋大学博物館)
「親族の『一員』として親族を調査すること」
コメント:辛嶋博善(北海道大学)
14:10 セッションⅡ:教育
島村一平(滋賀県立大学)
「同床異夢か、幸せな異文化誤解か?―滋賀県立大学とモンゴル国立大学の交換留学の7年」
尾崎孝宏(鹿児島大学)
「フィールド調査中に出会うモンゴル人と日本の大学で出会うモンゴル人」
コメント:上村明(東京外国語大学)
15:05 休憩
15:20 セッションⅢ:生活
ジミンゴア(モンゴル語教室ノタック)
「ブリヤートモンゴル人ライフヒストリー調査について」
滝口良(北海道大学)
「モンゴルのしきたりと『モンゴル化』すること」
コメント:風戸真理
16:15 総合討論
「日本・モンゴル間の特徴:モノのやり取り・関係構築・対立と協働」
17:15 閉会の辞:風戸真理
17:25 休憩
17:40 研究打合わせ(非公開)
今後の研究計画とネットワーク構築に向けて
18:10 閉会

フィールドネット・ラウンジ企画公募のお知らせ(締切8/31)

フィールドネットをご活用いただく場としてもうけましたフィールドネッ ト・ラウンジの企画を、下記の通り公募いたします。
この公募は、次世代の研究者が積極的に研究企画を実施し、研究者間ネットワークを広げる一助となることを目的としています。
若手研究者の方々による、学際的なあるいは文理共同・融合型の企画を、お待ち しております。

→ 募集は終了いたしました。

【応募資格】 次世代の研究者(博士課程後期の大学院生、各種研究員、助教など)で、Fieldnetのメンバー(登録者)の方。
Fieldnetに登録がお済みでない方は、事前に登録を済ませてから、ご応募ください。
【公募内容】 研究企画 2件 (1件あたり40万円を上限とする)
<もの>、<こと>、<地域>の何れかのジャンルの研究企画に関わる旅費などを支援します。
【応募締切】 2013年8月31日(土)
【結果通知】 2013年10月上旬予定

 

詳細は公募要項(PDF)をご覧下さい。

 

【参考】2012年度実施企画
1. ワークショップ「地域の論理:『スーダン』における人々の営みを巡って」
(企画者:飛内悠子)  2012年12月8日実施
2. ワークショップ「人間・動物・モノのあいだ――境界の人類学」
(企画者:須田征志) 2013年2月2日実施
これらの詳細はこちらをご覧下さい。

2013年7月22日(月) 第1回 Fieldnet運営委員会

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(301: セミナー室)