2009年度の活動記録

2010年1月30日(土)・31日(日) 第3回 Fieldnetワークショップ(合宿)
@長崎大

場所 : 長崎大学熱帯医学研究所 会議室1

【趣旨】
Fieldnetでは、オンラインのやりとりだけではなく、実際に会って議論をかわす、オフラインの活動も重要と考えています。そして今回、長崎大学の熱帯学研究所、新設の長崎大学国際連携研究戦略本部/国際健康開発研究科 国際保健専攻の大学院という、文理が共存する、フィールドワークには欠かせない人材が多くいる場で、スタッフ、大学院生の協力も得ながら、ワークショップ(Fieldnet合宿)を開催 することにしました。
異分野同士の研究者が手を組むことの有益性、個々の体験談、研究状況、研究計画などを具体的に発表しあい、フィールドワークの方法論にまで議論を深めたいと思います。
東京を離れ、遠征して、またネットワークの拡張をはかります。
【テーマ、目的】
・文理系が「フィールドワーク」という行為を共有しそれぞれの特長をいかし協力すると、いかなる研究展開が可能か、議論したい。
・異分野とのつながりを求めている若手研究者と、実際に経験のある研究者をまじえて、ざっくばらんにその表裏舞台を語りあいたい。

プログラム(敬称略) :

2010年1月30日

9:00-9:10 椎野若菜(東京外国語大学AA研/社会人類学)
「Fieldnetの趣旨、活動について」
9:10-10:10 福井幸太郎(立山カルデラ博物館/雪氷学、自然地理学)
「昨年9月に立山雄山東面で発見した日本最大級の氷体について
/自然地理学における研究者ネットワーク」【発表要旨
10:10-11:10 石森大知(東京外国語大学AA研/文化人類学、オセアニア地域研究)
「共働するフィールドワーク-南太平洋の環境問題に取組む共同研究」
発表要旨
11:10-12:10 妙木忍(東京外国語大学AA研/社会学、ジェンダー研究、観光研究)
「日本における秘宝館の盛衰と海外、異分野研究者との共同研究の可能性」
発表要旨
12:10-13:30 ランチタイム
13:30-14:30 佐藤靖明(大阪産業大学人間環境学部/民族植物学、アフリカ地域研究)
「バナナをめぐる研究者ネットワーク―その継続の秘訣を考える」【発表要旨
14:30-15:30 杉山慎(北海道大学低温科学研究所/氷河や氷床、雪や氷の研究)
「国際南極大学」-次世代のフィールド研究者育成-【発表要旨
15:30-16:30 渡辺悌二(北海道大学大学院地球環境科学研究院/高山の地生態学、地理学)
「山岳域の牧畜・国立公園管理・高山の水資源環境研究をめぐる異分野との
コラボレーションの事例
「ヒマラヤ・カラコラム」という「地域」にこだわって」【発表要旨
16:30-17:30 大西健夫(岐阜大学流域圏科学研究センター/水文学)
「アムール川流域の人為的擾乱がオホーツク海の海洋生態系に与える影響評価」
アムール・オホーツクプロジェクト について」【発表要旨
17:30-18:30 ディスカッション
19:00- 懇親会
2010年1月31日

9:00-9:50 増田研(長崎大学環境科学部/社会人類学、アフリカ民族誌)
「文理融合:希望の朗誦か、学問の発展か」【発表要旨
10:00-12:30 オープンディスカッション
「フィールド情報を共有すれば、フィールドサイエンスは飛躍的にのびる:
フィールドネットのこれから 」

2009年12月14日(月) 第9回 Fieldnet構築委員ミーティング

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所5階(503: FSC会議室)

2009年12月10日(木) 第4回 フィールドネット研究会
「明日の研究ネットワークのために その4-海外短期共同調査報告-」

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(304: マルチメディア会議室)

野口 靖(東京工芸大学:メディアアート)
椎野 若菜(AA研 社会人類学)

2009年10月19日(月) 第8回 Fieldnet構築委員ミーティング

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所5階(503: FSC会議室)

2009年10月19日(月) 第2回 Fieldnetワークショップ
「文系のためのGPS超初心者講座 第2回/GISは人類学にどう役立てられるか」

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(306: マルチメディアセミナー室)
プログラム :

14:00-16:00 「GPSをつかって地図をつくろう!~文系のためのGPS超初心者講座 第2回」
講師 古澤拓郎(東京大学ASNET、Fieldnetウェブ構築委員)
16:00-17:30 「GISは人類学にどう役立てられるか:ケニアでの調査研究から」
講師 チャールズ・ンデグワ(日本学術振興会PD/筑波大学)
夏にフィールドでとってきたGPSのデータ、まだ使い方がよくわからない・・・という文系の方がたを対象にFieldnetウェブ構築委員 の古澤拓郎さんを講師に手ほどきをしていただきます。使えるフリーソフトの紹介とその使い方の説明をします。実際にご自分でもやってみましょう、調査地の簡単な地図が描けるようになるのが目標です。
また、さきざきGIS,GPSをつかった研究がいわゆる文系、今回の場合は文化人類学においてどのように可能か、ンデグワさんの研究を事例に考えていきたいと思います。

2009年7月17日(土) 第3回 フィールドネット研究会
「明日の研究ネットワークのために その3-海外短期共同調査プレ報告-」

かつてのケニア、ルオランドを探る-社会人類学とメディアアートのコラボ-
場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(304: マルチメディア会議室)

野口 靖(東京工芸大学:メディアアート)
椎野 若菜(AA研 社会人類学)

* 詳細は PDF を参照

2009年7月17日(土) 第7回 Fieldnet構築委員ミーティング

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(304: マルチメディア会議室)

2009年7月3日(金) 第1回 Fieldnetワークショップ
「GPSをつかって地図をつくろう!~文系のためのGPS超初心者講座」

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(306: マルチメディアセミナー室)
講師 : 古澤 拓郎(東京大学ASNET、Fieldnetウェブ構築委員)

夏にフィールドに行く際、ぜひGPSも使ってみたい、でもまだ使い方がよくわからない…という文系の方がたを対象にFieldnetウェブ構築委員の古澤拓郎さんを講師に手ほどきをしていただきます。
使えるフリーソフトの紹介とその使い方の説明をします。実際にご自分でもやってみましょう。調査地の簡単な地図が描けるようになるのが目標です。

2009年5月30日(土)・31日(日) fieldnetアナウンス

日本文化人類学会(於:国立民族学博物館・大阪)

2009年5月23日(土)・24日(日) fieldnetアナウンス

日本アフリカ学会(於:東京農業大学)

2009年5月16日(日)- 21日(金) fieldnetアナウンス

日本地球惑星科連合大会(於:幕張メッセ国際会議場)

2009年4月29日(水) 第1回 Fieldnet Lounge

場所 : 東京外国語大学本郷サテライト

2009年4月29日(水) 第6回 Fieldnet構築委員ミーティング

場所 : 東京外国語大学本郷サテライト

2009年4月25日(土) fieldnetアナウンス

ナイル・エチオピア学会(於:地球環境学研究所)

2009年4月24日(金) fieldnetアナウンス

場所 : 首都大学社会人類学

2009年4月23日(木) fieldnetアナウンス

場所 : 東京農業大学

2009年4月20日(月) fieldnetアナウンス

場所 : 東京外国語大学大学院