2020年1月26日 フィールドネット・ラウンジ企画開催のお知らせ

2020年1月26日(日)
フィールドネット・ラウンジ「転機を迎えるチベット亡命社会――台頭する中国とインドの狭間で」

→ 終了しました

転機を迎えるチベット亡命社会――台頭する中国とインドの狭間で
日時 2020年1月26日(日)13:30~18:15
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階 マルチメディア会議室(304)
アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
報告書 報告書(PDF)

【プログラム】

13:30~13:35 開会の挨拶
太田 信宏(東京外国語大学)
13:35~13:45 趣旨説明
片 雪蘭(国立民族学博物館)
Session 1
13:45~14:10 “The Exclusions of Diasporic Cosmopolitanism in Dharamsala” (日本語レジュメあり)
CHRISTOPHER, Stephen (京都大学)
14:10~14:35 「ラダック人とは誰か――チベット仏教と地域アイデンティティを巡る葛藤」
宮坂 清(名古屋学院大学)
14:35~15:00 「インドのチベット支援――チベットの自由およびインドの安全保障の観点から」
榎木 美樹(名古屋市立大学)
15:00~15:15 質疑応答
15:15~15:30 Tea Break
Session 2
15:30~15:55 「チベット難民のもう一つの道――ダラムサラにおける『サンジョル』のインフォーマル・エコノミー」
片 雪蘭(国立民族学博物館)
15:55~16:20 「インド市民権を求めて――アトム化するボーダナート在住チベット難民の生きる道」
山本 達也(静岡大学)
16:20~16:45 「仏法の来た“道”――中国主導のヒマラヤ開発と『仏教外交』」
別所 裕介(駒澤大学)
16:45~17:00 質疑応答
17:00~17:15 Tea Break
Discussion Session
17:15~17:25 コメント①
久保田 滋子(千葉商科大学)
17:25~17:35 コメント②
笠井 亮平(岐阜女子大学南アジア研究センター)
17:35~18:05 総合討論
18:05~18:15 閉会の挨拶

【問い合わせ先】
片 雪蘭(企画責任者) E-MAIL:seollan[at]gmail.com  *[at]を@に変更して送信ください。