2011年度の活動記録

2012年2月5日(日)第3回 Fieldnet Lounge
地理情報活用の未来をさぐる:フィールドワーカーの学際的競演


日時 : 2012年2月5日(日) 9:00~16:00
場所 : 総合地球環境学研究所 講演室
主催 : 総合地球環境学研究所CCPC、Fieldnet

趣旨 :

情報化社会の進展とともに、私たちの暮らしのなかで地理情報はとても身近なものになりました。人文学研究においても地理情報の利用は広く行われており、その研究活用は「試み」の段階を経て「成熟」の時期に入りつつあります。
今回のFieldnet Loungeでは、地理情報活用の未来をさぐるべく、各方面でGISをどう学問に取り入れる試みをしているか、フィールドワーカーの学際的競演としたいと思います。
2011年10月にFieldnetワークショップの成果として出版した『フィールドワーカーのためのGPS・GIS入門』(古今書院)に寄稿してくださったFieldnet参加者、地球研のプロジェクトに関わる地理情報活用に関心のある研究員、およびFieldnet運営委員が中心となり学際的な多くの事例と経験を基に、フロアとともに議論します。具体的には、震災への取り組み、世界遺産登録との関連性などの報告、測量・3次元計測、デジタルドキュメンテーション、景観考古学、文化遺産活用、古代史研究、近代物産誌研究、地理学からの地理情報活用など、多岐な主題について議論する予定です。
Fieldnet参加者である総合地球環境学研究所研究員の松森智彦、中村大氏をホストオーガナイザーに、Fieldnet運営委員との共同企画。総合地球環境学研究所研究推進戦略センター(CCPC)とFieldnetの初の共催です。

プログラム :

9:00- 椎野 若菜(Fieldnet 運営委員・東京外大AA研) 開会挨拶
9:20- 松森 智彦(地球研) 「人文学研究と情報 : 『斐太後風土記』データベースを事例に
10:00- 清野 陽一(京都大学)「日本古代史・考古学におけるデジタル技術の活用について
-主にGISを用いて-」
10:40- 中村 大(地球研)「GISを用いて縄文時代の祭祀記念物を分析する」
11:20- ランチ&フリーディスカッション
12:20- 遠藤 仁(地球研)「南アジアにおけるカーネリアン・ロード」
13:00- 渡邊 三津子(地球研)「衛星データから中央ユーラシアの社会変化をよむ」
13:40- coffee break
13:50- 山口 欧志(日文研)「文化遺産学事始め」
14:30- discussion

コメンテーター :

大西 健夫 (Fieldnet 運営委員・岐阜大学応用生物科学部)
的場 澄人 (Fieldnet 運営委員・北海道大学環オホーツク観測研究センター)

2012年2月4日(土)Fieldnetアナウンス
第2回 墓場セミナー「墓場から覗く人間社会―墓石をめぐる学際的研究 II 」


日時 : 2012年2月4日(土) 13:00~18:30
場所 : 総合地球環境学研究所 講演室
主催 : 地域研究コンソーシアム次世代支援プログラム
共催 : 総合地球環境学研究所
広報協力 : Fieldnet

趣旨 :

すべての人間社会において、死者は適切な形で処理されなければならない。そして死者たちは、生きている人間の記憶の中に、そして物理的空間に、ひっそりと封じ込められる。逆説的だが、墓場とは、そんな死者たちの「生きる」場所であり、生きる人々の死者(または死という現象)への思いが凝縮された形で顕在化する、「生/死」混在のテクスト空間なのだ。
墓場セミナー、初回はFieldnet Loungeとして2011年2月5日に開催。墓石そのもののマテリアリティにこだわり、その石たちのもつ魅力(物質性・特質・形状・意匠)から、死をめぐるフェティシズムの根源を明らかにしようとした。そして第二弾となる今回。墓場という空間から、生ける人間たちの世界を投射してみたいと思う。死者を思うことは、生者のなせる業。この世俗世界にひっそりと囲われた特異な空間から、そんな人間の性(さが)を抽出できるだろうか。社会の構造とは?政治権力とは?欲にまみれた経済とは?生/死の観念とは、、、?今回も、地質学、考古学、人類学、民俗学、社会学と、学際的なメンバーを取りそろえた。さあ、死者の魂に寄り添いつつ,右往左往する人間たちの世界を投射してみよう。

プログラム :

13:00- 挨拶 椎野 若菜(東京外国語大学AA研・Fieldnet運営委員)
13:10- 趣旨説明 小西 公大(東京外国語大学特定研究員)
13:30- 中村 大(総合地球環境学研究所)「縄文時代の墓に表現された格差は何を意味するのか」
14:00- 乾 睦子(国士舘大学理工学部)「石は世につれ―日本の石材産業の歴史」
14:30- Tea Break
15:50- 越智 郁乃(広島大学大学院総合科学研究科)「墓に集う、墓に遊ぶ―現代沖縄墓場考」
16:20- 鈴木 洋平(東京大学大学院)「墓に集う、墓に遊ぶ―現代沖縄墓場考」
16:50- 里見 龍樹(東京大学大学院博士課程)「『海の上の墓地』とその現在」
17:20- 全体討論

コメンテーター : 的場 澄人(北海道大学低温科学研究所)

2011年11月19日(土) 第11回 Fieldnetワークショップ
「写真術を学ぼう〜フィールド・人物編」

11月19日に東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所にて、第11回Fieldnetワークショップ「写真術を学ぼう〜フィールド・人物編」を催しました。講師として秋山裕之さん(文化人類学・アフリカ研究)、そしてフィールドネット運営委員でもある小西公大さん(社会人類学・南アジア研究)をお招きし、カメラの基本構造や写真撮影の原理を学んだのちに、実際に参加者が写真撮影をおこないました。その後、参加者の作品を講評しながら、さらにレクチャーをしていただきました。あいにくの悪天候ではありましたが、ワークショップには総勢11名が受講しました。

●動画ストリーミングサービスUstreamによる録画(写真術を学ぼう② パート1~4をご覧ください)
http://ustre.am/BzrA

「写真術を学ぼう~フィールド・人物編」は、下記の通り実施されました。

日時 : 2011年11月19日(土) 10:30~17:00
場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(306: マルチメディアセミナー室)

今回はフィールドワークに行ったとき、とりわけ人物を撮るときのテクニック、コツを教えていただきます。講師にお迎えするのはFieldnetの登録者のお一人、秋山氏とFieldnet運営委員の小西氏。秋山氏はボツワナ、小西氏は北西インドのフィールドで文化人類学の調査をしながら素晴らしい写真を撮られています。はるばるフィールドワークに行くのですから、資料として正確な、またアーティスティックないい写真を撮れるようになりたいものです。機材や露出のメカニズム、光の読み方やフレーミングまで、幅広く扱います。みんなで実際に撮影しながら、楽しく学びましょう。参加者のみなさんには、日ごろの疑問、自慢の写真等もお見せいただきたく思っています。

講師 :

秋山裕之(京都華頂大学・京都大学アフリカ地域研究資料センター)
小西公大(東京外国語大学現代インド研究センター・Fieldnet運営委員)

プログラム :

1. 10:30-12:00<写真を知る>

フィールド写真とは
機材から考えるフィールド写真
フィールドで撮る秘訣

2. 13:00-14:00<写真を観る>

講師・参加者のフィールド写真の紹介と解説、講評

3. 14:15-17:00<写真を撮る>

撮影実習・講評

■ご参加にあたって(※すでにワークショップは終了しました)

参加希望の方は、11月10日(木曜日)までにFieldnet事務局(fieldnet@tufs.ac.jp)へご連絡ください。
定員20名程度(参加費無料、定員になり次第しめきります)。その際、当日ご持参いただくデジタル
カメラの情報(メーカー、型番)をお知らせ下さい。講評に用いる写真の候補として可能でしたら、
ご自身が撮影したフィールド写真を1~3枚送ってください。人物が写っている写真をお願いいたし
ます(Jpeg形式で、長辺800px~1600pxくらい)。
※当日、ノートPC等をお持ちの方はできるだけお持ちください。

2011年10月23日(日) 第2回 Fieldnet運営委員会

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(302:小会議室)

2011年8月1日(月) 第10回 Fieldnetワークショップ「写真術を学ぼう~静物編」

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(304:マルチメディア会議室)
講師 : 村田 悟 さん(ボストン大学博士研究員・考古人類学)
オーガナイザー : 近藤 康久(日本学術振興会)

●動画ストリーミングサービスUstreamによる録画(写真術を学ぼう① パート1~4をご覧ください)
http://ustre.am/BzrA

フィールドワークには、写真による記録が欠かせません。
昨今、デジタルカメラの低価格化・高機能化が進み、気軽に何枚も調査のスナップを撮影できるようになりました。
でも、出版にかなうようなベストショットを撮るのはなかなか難しいもの。
そう感じるあなた、
「露出」と「シャッター速度」と「ピント」の関係ってご存じですか?
良い写真を撮るためには、写真の原理とコツを習うのが近道。
シリーズ第1回の今回は、中米で活躍する考古学の専門家にして写真のプロをお招きし、土器・石器などの静物を題材に、写真術の奥義を勉強します。

プログラム :

10:30-12:00 基礎編 写真の原理と撮影環境
13:00-14:30 応用編1 撮影準備(ピント合わせ、正確な色出し等)
14:45-16:00 応用編2 撮影実技(静物の撮影)
16:00-17:00 応用編3 画像処理とデータ管理

2011年7月10日(日) 第1回 Fieldnet運営委員会

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(302:小会議室)

2011年6月21日(土)- 22日(日) fieldnetアナウンス

日本文化人類学会第45回研究大会
場所 : 法政大学市谷キャンパス 外壕校舎4階ホワイエ

2011年5月24日(火) 第9回 Fieldnetワークショップ

場所 :幕張メッセ国際会議場 204室
内容 : フィールドワーカーが考えるフィールドノート

2011年5月24日(火) セッション活動

日本地球惑星科学連合2011年大会
場所 : 幕張メッセ国際会議場 203室
タイトル : フィールドワークの未来-異分野融合研究に向けて
講演内容 : 日本地球惑星科学連合2011年大会-セッションプログラム を参照

2011年5月22日(日)- 27日(金) fieldnetアナウンス

日本地球惑星科学連合2011年大会
場所 : 幕張メッセ国際会議場

2011年5月10日(火) 第14回 Fieldnet構築委員会会合

場所 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所5階(503: FSC会議室)